プロフィール

たぁーこ。

Author:たぁーこ。
中学生からの夢
マイホーム作りを始めました!
家づくりの記録です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定資産税2


さて、固定資産税勉強会二回目です。

今日は土地に対しての固定資産税について掘り下げてみたいと思います。

まず、土地の評価はどうやって評価するのでしょうか?

売買実例価額を基に、正常売買価額を基礎に、地目別に定められた評価方法で評価します。

地目???( ? _ ? )

地目は、宅地、田、畑、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、雑種地です。

なるほど~。_φ(・_・
ってことは、家に関係するのは、宅地ってことね!


宅地の評価方法は?

商業地や住宅地などの利用状況に応じて区分し、それを街路の状況や公共施設等からの距離などを考慮して更に区分。
その上で市町村内の地域ごとに、その主要な街路に接した標準的な宅地を選定します。
主要な街路の路線価や、その他の街路の路線価を付設し、その標準宅地の適正な時価に比準して、各筆の土地について評価します。


おぉー。。。
また、難しくなった。。。。。(T_T)
でも、ようは、公共機関に近いとかの利便性にとんだ場所、
広くて大きな道に面してるとか、道に2面、3面と面してる便利なとこは、
土地の評価が上がると。
で、標準宅地が分かれば、そのあたりの土地の評価もわかるってことね。

どうやって調べるの?


路線価や標準宅地の所在は『全国地価マップ』というサイトで公開されています。

へー。_φ(・_・
そんなサイトあるんだぁ。


しかも、住宅用地には、課税軽減の特例があります。

Σ( ̄。 ̄ノ)ノなんですと!?
軽減ですと!?

ど、どんなの???

まず、住宅1戸あたり200㎡以下の住宅用地の課税標準額は、評価された価額の6分の1の額にする特例があります。

えーと。200㎡ってことは、_φ(・_・
一坪3.3㎡だから、床面積60坪くらい!?
おぉ!今回たぁーこは、もっと小さいら、これにあてはまるわ!(^ω^)



でも、じゃあ、住宅1戸あたり60坪超える土地の特例はないの?


いえ、例えば住宅1戸あたり300㎡の住宅用地であれば、200㎡分は6分の1額に軽減され、残り100㎡は、3分の1額に軽減されます。

ふーん。そうなのかぁ。

また、住宅戸数が2戸の長屋建の家屋がある場合で、家屋の床面積が220㎡で敷地は700㎡だった場合、
まず、その床面積の10倍までが住宅用地として認められるので2200㎡までは住宅用地です。
つまり、敷地の700㎡までが住宅用地です。
そのうち、戸数が2なので、2×200で400㎡までは6分の1額に軽減され、残り、300㎡が3分の1額に軽減されます。


なんか難しいけど、なんとか分かる。
それで、この出した課税標準額で結局どうなるんだっけ?


先日の勉強会での話をしてたように、

課税標準額×税率=固定資産税

となります。

ただし、本来の課税標準額と
26年度の課税標準額+本来の課税標準額×5%とを比較して
低い方が27年度の課税標準額となります。

ただし、低い額が
本来の課税標準額×20%を下回る場合は、
本来の課税標準額×20%の額が27年度の課税標準額となります。

ほー。。。。。。(;゜0゜)
な、なんか、難しい。
なんで国の制度ってこんなに難しいんだろう。。。。
と、とりあえず、今日の勉強はここまで。


これから住宅用の土地を買おうって思う方で固定資産税を気にされる方がいらっしゃったら、
土地の利便性と、道への面し方と、
住宅用地の面積を気にされると良いかと思われますー。

まぁ。。。。
たぁーこ的には、やっぱり便利な方がいいし、事前にこの仕組み知ってても、欲しいと思う土地って違わなかったと思いますが(・ω・)ノ
ご参考までに。







にほんブログ村に登録してます。
応援して下さる方は、ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。