プロフィール

たぁーこ。

Author:たぁーこ。
中学生からの夢
マイホーム作りを始めました!
家づくりの記録です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定資産税1



今日は、ちょっと難しいことに挑戦。

その名も、固定資産税。


はっきり言います!
たぁーこ、全く分かっていません!(どどーんと)

家とか土地とかにかかってくる税金だよねー。
くらいです。

でも、これから家を建てるにあたり、
ちょっと勉強してみようかと。

というわけで、
まず、固定資産税はなんぞや?という基本的なことから
調べてみたいと思います。

では、始まり始まりー。

1 固定資産税とは?
毎年、1月1日に土地、家屋、償却資産を所有してる人が
その土地、家屋、償却資産の価格を基に算定された
税額をその土地や家屋や償却資産の所在する
市町村(東京都の特別区は都)に納める税金
だそうです。

_φ(・_・ふむふむ。ここまでは、なんとなく分かる。
土地とか家とかにかかる税金だよーってことね。

2 税額の決定手順は?
まず、固定資産を評価し、その価格を決定し、
その価格を基に、課税の基とする基準額を算定します。

その課税の基とする基準額が、課税標準額。

この課税標準額×税率=税額


_φ(・_・んー???なんか難しくなってきたぞ?
とりあえず、 土地や建物は評価額というのが決められるのね?
そんで、そこから、課税標準額というのが出されると。
で、何%とかいう消費税みたいな税率がかかるのね。


じゃあ、どうやって、評価するの?


3 評価した価格の決定方法は?
総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて
市町村長がその価格を決定します。
また、土地や家屋の標準額は3年に一度、評価が替わります。


_φ(・_・えーと。
大臣が出てきたぞ?
とにかく、国が定めたルールがあるね。
このルールは後で調べてみよう。
んで、最初に決まってても、3年ごとに、その評価は変わると!


4 課税標準額はどうやって決まるの?
基本的には、評価された価格が、課税標準額になります。
でも!!
住宅用地のように特例措置が適用される場合、
課税標準額は低くなります。
また、課税標準額か土地なら30万、家屋なら20万、償却資産なら150万
に満たない場合は課税されません。

(*☻-☻*)お!課税がないというのはないと思うけど、
特例ってのは、ポイントだわ!



5 税率ってのはどうやって決まるの?
市町村の条例です。
基本的には、1.4%ですが、市町村の財政により変わります。


_φ(・_・ふーん。じゃあ、市町村に聞かないと税率は分かんないんだー。


さて、ここまでまとめると、
たぁーこのこれから建てる土地や家の価値を
まず総務大臣が決めたルールに基づいて決められると。
その価値のことが、評価額。
その評価額に特例とかで割引受けれたら、
税金の基になる基準額が安くなるから、税金が、安くなると。
しかも、固定資産税がかかるのは、1月1日だから、
たぁーこの場合は、まだ今年の1月1日には土地も建物もないし、
来年から固定資産税ってのはかかるのね。



うん。
うん。
もう、頭いっぱい。
とりあえず、今日はここまで。
また、この勉強会は続くということで。






にほんブログ村に登録してます。
応援して下さる方は、ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。