プロフィール

たぁーこ。

Author:たぁーこ。
中学生からの夢
マイホーム作りを始めました!
家づくりの記録です。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問者数


閲覧者数

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(写真あり)図書ルーム?本棚?

しばらく、おやすみして申し訳なかったです。
ご心配して下さり、メッセージを下さった方
ありがとうございました^_^
とても嬉しかったです。

今日から気を取り直し、家づくり頑張っていきます。

最近、難しい(たぁーこ的にですが)話題の上、
ちょっとお休みいただいてたので
妄想パワーも不発でしたが、
本日は妄想パワー全開で挑みますよ!

たぁーことたぁーこ夫の趣味!
前にもお話したかなと思いますが、
読書なんです!
文芸書、文庫、コミックは勿論、雑誌やムック本まで多種多様。
特に、たぁーこ。より、たぁーこ夫、
どんなに読むの?ってなくらいジャンルも様々。

たぁーこ、小説とかで非日常を味わったり、
自己啓発本とかでやる気アップしたり、
話題の文芸書読んだりするの大好き^_^
いわゆる、ミーハー?
あと、料理本とかも。
妄想しながら、食いしん坊するの大好き!
でも、岩波新書とか、時事論を盛り込んだ小難しい本は、進んでは読まないかなぁ。
ってなとこなんですが、
たぁーこ夫、そっち方面の小難しい本読むのも大好き。
本のジャンルとしては、読む物がまったく違う。
たぁーこは軽く読めるもの、 たぁーこ夫は小難しい。
というわけで、二人で本がどんどん増えてくる。
たぁーこだけでも、実家に2000冊くらい軽くある。
でも、たぁーこ夫は、実家に3000冊ほどある。
つまり、二人あわせて、5000冊の本収納必須!

この数字だけでも、どうなん?ってな感じなんですが。
これ、軽く見積もってなんですよね。

いや、まず、とりあえず本、売りに出しなさい!
ってな話なんですが。
趣味は他人から見れば無駄でも自分には必要なのです。
売りに出すなんて。。。。
部屋の床が抜ける!と何度、親に注意されたことか。
それでもコツコツ読んでは保管し、また出しては読んで、
また新しい本も買って読んで保管するを繰り返す。
そんな思いの詰まった本たち!
断捨離!!耳に痛い!

でもでも出来るだけ収納したい!
しかも、地震が来ても、本棚倒れないよう据え付けで。
床が抜けたり、たわんだりしないように。

というわけで、たぁーこ達、本部屋ってとこが
一番の家づくりの重要ポイントでした!

そんな、たぁーこ達の心鷲掴みだったのが、
積水のこの本収納☆☆☆
最初の設計がとっても素敵だったのです☆☆☆

たぁーこ達の土地の大きさで本部屋をとるのって
実はちょっと難しいんですよね。贅沢の部類に入るのです。
リビングも広くとりたいし。。。
そんなわけで、なかなか難しい注文だったはずなのです。
それが、出てきたのが、とっても素敵な図面だったのです。

fc2blog_20150326210226ad1.jpg


これです!
分かります?
普通の本部屋に見えますよね?

でも、これ、階段前なんです。
階段がシースルー階段で、階段下も利用して椅子や
クッションソファーを置いて座れると。
で、階段前は吹き抜けになってるので、
二階まで壁一面本棚。


なーんだ。よくあるよねー。
と思った貴方!!
うふふふ。


ここからなんですよ!!

実はたぁーこも、たぁーこ夫も身長低いんです。
二階まで一面本棚にされても取れません。
ハシゴかけなきゃいけません。
でも、たぁーこ、何度も言いますがドジなんです。
はしご?
落ちるに決まってるじゃないですか?

じゃあ、なんでこれが凄いのか?
うふふふ。とくとお聞きあれ!

実は二階には和室がありまして、その和室が
第二のリビングみたいな部屋になってました。
それが階段前の吹き抜けの横なんです。

fc2blog_201503262102168fb.jpg


これ、分かりますか?
ね?二階の吹き抜けの横、和室ですよね?

さてさて、ここから何が飛び出るか。
じゃじゃじゃじゃん!
ヒントは、一番最初の写真に写ってるメモです。

一階は勿論、階段前の部屋から本が取り出せます。
で、二階部分にあたる本棚は、本棚自体が和室の壁となり
和室から本が取り出せます。
そして、その本棚は、二階の和室では、人の腰ぐらいまでの高さ。
では、その上、壁なの?
いえいえ、そんな設計士さんではありません!

本棚の上は、ガラス窓なんです!
その窓から吹き抜けに光が入り、
また、二階の和室の空気の入れ替えも可能です。
また、二階から一階の様子も覗けるという。

素敵じゃないですか?
たぁーこ、もうメロメロ!!!
この設計士さんに惚れてしまいました!


でも、残念ながら、色んな理由で、その図面なしになり、
最初から設計し直しとなり、大きく間取も変わりましたが。。。。

で、せっかくなので考えた。
そもそも、たぁーこ達に本部屋は必要か。
たぁーこ達、どこで本を読むか。
どんな格好で本を読むか。


えー。
たぁーこの脳内妄想ー。
素敵バージョン!

休日。昼下がりの午後。
庭に面したカフェカウンターのようなとこで、
コーヒーとか片手に(そもそもコーヒー飲めませんが)
椅子に腰掛け、本を読む!
静かで大人なひととき。
時折、庭の木々で目を休め、空想しながら
静かに本を読む。
んー。なんて贅沢!
絵になりますよねー。素敵ですねー!!!


でもね?でもね?
現実バージョンの妄想にいってみましょうか?
うん。
何度考えても、
たぁーこ、残念ながら、そんなとこで本読まないんですよ。
しかも、たぁーこ夫も。


いや、机に座って読むときもありますよ?
多分、そんな素敵カウンターがあったら、
たまーには、椅子に座って読むでしょう。


でも、大半が、こうです!!

床に寝そべってゴロゴロしながら、読む!
もしくは、ソファにもたれて
(腰掛けてじゃないとこポイント!)読む!


これですよ!

ダメな本の読み方の見本みたいな読み方です(笑)

ただ、床でゴロゴロ、ちょっと痛いので
出来るなら、畳でゴロゴロがいいなー。

で、読むとしたら、たぁーこ達、リビングか、寝室です。
ゴロゴロですから、寝室万歳ですよ。

本部屋があっても、部屋に持ち込みます。

そんで、そこに本を置いていく。

っなわけで、本部屋ってより、
本棚が欲しいー!
しかも、本棚は、リビングと寝室に欲しいー^_^

そしたら、お客様がいらっしゃっても、
ささっと、出てる本もしまえますから!!

そんで、収納量たっぷり!
さらに、オシャレな感じで!

ってな感じで設計士さんに、よろしくお願いします!!!!
と丸投げしました^_^

設計士さん、勿論、その後、本棚をたぁーこ好みに提案してくれました。
まぁ、最初の提案よりずっと普通ですが
でも、素敵ですよ^_^!!

この本棚は、もう恐らく変更することないので、
出来上がったときのWeb内覧会までのお楽しみで!!









にほんブログ村に登録してます。
応援して下さる方は、ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 木造住宅へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。